インタラクティブ・インスタレーション展示技法

9月21日から24日に、ワークショップ「インタラクティブ・インスタレーション展示技法」がIAMAS内にて開催されました。

このワークショップは、日本を代表する展覧会エンジニアの金築浩史氏と西野隆史氏を講師に迎え、インタラクティブなインスタレーション作品の展示の裏側や展示空間のとらえ方、設営に関する技法や技術的側面について実践を通じて集中的に学ぶ事を目的として実施されました。

レポートはこちらから(IAMASのウェブサイト)
http://www.iamas.ac.jp/5018

※講師の金築浩史氏によるまとめが http://togetter.com/li/569377 に掲載されています。作品の写真も多数ありますので、ぜひご覧ください。